ゴールデンゲートブリッジを | San Francisco

You are here

February 26, 2015

サンフランシスコで何をする?

サンフランシスコには、有名な芸術的・文化的スポット、すてきなレストラン、世界水準のショップに眺めのよい風景と何でもそろっており、退屈で困ることはありません。次のリストをよく見て、滞在中に必ず行きたいスポットを決めておくことをお勧めします。

1. ゴールデンゲートブリッジを見れば、全長約2,700mの素晴らしい景観に、旅慣れた旅行者も圧倒されるでしょう。世界で最も多く写真に収められたランドマークの一つというのもうなずけます。1日に約120,000台の自動車が往来しますが、徒歩で渡る歩道もあり、西側は自転車も通行可能です。橋の南東部にあるゴールデンゲートブリッジ・パビリオンにはビジターセンターがあり、教育的展示などが行われます。そこに立ち寄った後はさらに徒歩で、または自転車で渡って、息をのむような美しさを満喫しましょう。

2. 19世紀後半からサンフランシスコの人々を運んできたケーブルカー。その車両は力強い鉄のケーブルで引っ張られ、地面の軌道に沿って走ります。何ブロックも向こうから聞こえてくる親しみ深いベルの音に惹かれて乗車すれば、そのたびに爽快な乗り心地とともに、サンフランシスコの起伏に富んだ美しい街並みを楽しむことができます。降りた後は無料のサンフランシスコケーブルカー博物館 に立ち寄れば、もっと詳しくその働きを知ることができます。

3. 20世紀前半にアメリカ最凶の囚人たちを収容する刑務所であったアルカトラズは、サンフランシスコ湾中央に浮かぶ島にあります。現在のアルカトラズツアーは、サンフランシスコ湾を美しい船で往復する魅力に満ちたもの。ピア43からアルカトラズ クルーズ(Alcatraz Cruises)のフェリーで行くことができますが、予約しておくことを強くお勧めします。

4. 世界最高のショッピングスポットの一つ、ユニオンスクエア。ここにはメイシーズやニーマン・マーカスのような有名デパートやプラダ、ルイ・ヴィトン、ケイト・スペードといった最高級デザイナー ブティックがあります。マーケットストリートにあるリーバイスの旗艦店は、リーバイスのジーンズをオーダーメイドすることができる世界でも数少ないお店の一つです。

5. しばしば「サンフランシスコのディズニーランド」と呼ばれるピア39では、大人も子どもも楽しいひとときを過ごすことが出来ます。フィッシャーマンズワーフでは、埠頭の近くに生息するカリフォルニアアシカの群れを見物することができます。ここから少し歩くと、有名なマダム・タッソーの蝋人形館、奇妙なコレクションがいっぱいのリプリーズ ビリーブ イット オア ノット博物館、水中の美しさを満喫できるアクアリウム オブ ザ ベイ、そしてたくさんのショップやレストランがあります。また、ピア39には新たにサンフランシスコ ダンジョン ができました。1時間のライブ アクションショーと、サンフランシスコ200年の歴史を象徴する乗り物で楽しいひとときを。

6. グラントアベニューとブッシュストリートにあるチャイナタウンの入り口は、ドラゴン ゲートと呼ばれています。その中はものすごい人ですが、そのほとんどはサンフランシスコで最も古い通りであるグラントアベニューに集中しています。都市の中に別の都市があるようなこのチャイナタウンは、徒歩で見て回るのがいいでしょう。エキゾチックなお店、有名レストラン、食品市場、お寺、そして小さなミュージアムは、サンフランシスコの中国系アメリカ人コミュニティの文化と歴史を余すことなく伝えてくれます。

7. サンフランシスコでは、レストラン全体が一つの観光スポットと言えるでしょう。このアメリカ最高のレストランの街では、新鮮な地元の素材、本場と同じ外国の料理法、そして創造力豊かな才能を組み合わせることに優れたシェフたちが腕をふるいます。食べられるのは、中国、日本、フランス、イタリア、スペイン、モロッコ、インド、マレーシア、メキシコ、ギリシャ、ロシアの各国料理とそれらのうちのいくつかまたは全てを組み合わせたフュージョン料理です。サンフランシスコの今最もホットなレストランのこと知りたい人は、サンフランシスコのレストランをご覧ください。

8.ヘイトアシュベリー界隈から太平洋まで広がる1000エーカー(約4㎢)以上もの敷地に草木が茂るゴールデンゲートパーク。これだけの広さなら、ピクニックする場所には事欠きません。また、ここには印象的なコレクションを誇るデ ヤング美術館、何千種ものエキゾチックな植物が見られるコンサバトリー オブ フラワーズ、メリーゴーランドや運動場があるコレット チルドレンズ クオーター、カリフォルニア科学アカデミー があります。一つ屋根の下に水族館、プラネタリウム、自然史博物館、それに4階建ての熱帯雨林がある場所は、世界でもここだけです。

9. サンフランシスコを訪れたなら、刺激的な文化体験をしなくては画竜点睛を欠くというものです。この街にはサンフランシスコ交響楽団、サンフランシスコオペラ、サンフランシスコバレエなど、世界的に有名なパフォーミングアーツ団体があります。アジア美術館、サンフランシスコ近代美術館(拡張工事のため2016年まで閉鎖)、リージョン オブ オナー、その他のミュージアムやギャラリーでは、古典美術から現代美術まですばらしいコレクションを見ることができます。また、エクスプロラトリアム やウォルト・ディズニー ファミリー ミュージアム のような独特な施設もあります。サンフランシスコのミュージアムについての情報は、こちらをご覧ください。

10. サンフランシスコは、地区によって異なるさまざまな文化が生き生きと息づいています。例えば、ノースビーチ、ノブヒル、ミッションなどの地区は、それぞれ異なるサンフランシスコ文化の一面を代表しています。これらの地区は、公共交通機関やタクシーを少し乗ればすぐのところにあります。いろいろな街を見て回って、ユニークな料理、興味深い歴史、そして色鮮やかなパブリックアートをお楽しみください。

11. サンフランシスコは郊外への日帰り旅行の拠点としても完璧です。北に約72kmのところにあるソノマ郡のワインカントリーでは、400以上のワイナリー、岩だらけの太平洋の海岸線、天にそびえるレッドウッドの森を見ることができます。食とワインで有名なカリフォルニアの人気スポット、ナパバレーもすぐ近くです。南には、アメリカでも有数の美しい海岸線をドライブできるパシフィック コースト ハイウェイが伸びています。サーファーたちのパラダイスであるサンタクルーズ、ペブルビーチのような有名ゴルフコースがあるモントレー郡、そしてモントレー ベイ アクアリウム などの人気スポットに立ち寄るのもいいでしょう。