カーニバルのお祝いのダンサー
5 月の最終週末に行われる大規模なパレードとパーティーで最高潮に達するカーニバルには、サンフランシスコの活気あるラテンアメリカとカリブのコミュニティを祝うために 40 万人を超える観客が集まります。

サンフランシスコで体験すべき文化的なフェスティバルとイベント

100 年以上の歴史を持つものもある、さまざまなフェスティバルや祝賀行事に参加して、サンフランシスコへの旅を楽しいものにしましょう。

サンフランシスコの歴史を通じて、私たちはさまざまな国、文化、宗教、アイデンティティを持つ訪問者を迎え入れてきました。中にはサンフランシスコを去らずに残った人もおり、彼らの伝統は、特にチャイナタウンカストロベイビューなどの地区で、私たちの街の文化的構造を永遠に豊かにしてきました

今日、私たちはこれらのコミュニティをさまざまなフェスティバルや祝賀行事で祝います。その中には 100 年以上の歴史を持つものもあります。誇り、多様性、個性を表現するこれらの行事は、サンフランシスコを体験するのに最適な方法です。次の旅行のプランに、これらのユニークな文化イベントを追加してください。

旧正月(2月)

太陰暦の1年は、アジア以外では最大の中国文化イベントの1つである毎年恒例の春節のお祝いで盛大に始まります。チャイナタウンや市内のあちこちで、爆竹、太鼓の音、シンバルの音が聞こえ、悪霊を追い払う(という伝説があります)のです。1か月にわたるお祭りは2月初旬に始まり、中国の雑技団、獅子舞、竹馬乗り、高さ268フィートの金龍が登場する春節パレードで終わります。

パレード以外にも、フラワー マーケット フェア、中国コミュニティ ストリート フェア (パレードの週末に開催)、ミス チャイナタウン USA コンテストなど、旧正月のイベントが開催されます。チャイナタウンの農産物売り場に山積みになっているオレンジやミカンをぜひ 1 つ選んでみてください。これらの果物は中国文化において豊かさと幸運の象徴です。

旧正月のパレードはサンフランシスコで最も古い文化イベントの 1 つで、カリフォルニア ゴールド ラッシュの時期に中国人移民が到着し始めてから間もない 1860 年代にまで遡ります。サンフランシスコのチャイナタウンは、アメリカで最も古く、最も大きな中国人コミュニティの 1 つです。この 24 の賑やかな街区には、寺院から茶室まで、文化の宝庫が詰まっています。探索の出発点として最適なのは、チャイナタウンにある数多くのおいしいレストランの 1 つです。

カーニバル(5月)

カーニバルは単なるお祭りではなく、季節です。2 月に始まり、5 月の最終週末に大規模なパレードとパーティーで最高潮に達するカーニバルには、サンフランシスコの活気あるラテンアメリカとカリブのコミュニティを祝うために 40 万人を超える人々が集まり、カリフォルニアで最大の年間多文化イベントとなっています。

サンフランシスコのラテン系のルーツは、この街と同じくらい古いものです。現在サンフランシスコのラテン系生活の中心となっているミッション地区は、1776 年にスペインの宣教師によって最初に開拓されました。その後、チリ人、ペルー人、キューバ人、その他のラテンアメリカ系およびカリブ海系の人々が移住し、文化の融合が進みました。今日では、鮮やかなミッション壁画から多彩な料理シーン、サンフランシスコ最古の建物であるミッション ドロレスまで、ミッション地区全体で民族の多様性を体験できます。

カーニバルは単なるお祭りではなく、季節なのです。

カーニバルシーズン中は数多くのイベントが開催されますが、グランド パレードではこれらすべての文化が一度に華やかに披露されます。何百人もの衣装を着たパフォーマーが、活気あふれるサンバやサルサの音楽に合わせて通りで踊り、羽根飾りの頭飾りが虹色に舞い、派手なローライダーがパレードし、あらゆる場所で辛くて風味豊かな料理が調理され、まさに五感を満足させるごちそうです。

サンフランシスコ プライド (6月)

サンフランシスコは長年、 世界の LGBTQ の中心地として名声を博してきましたが、その伝統が最も輝くのは、国内最大の LGBTQ のお祭りである SF プライド フェスティバルのときです。パーティーと政治運動が同居するプライド フェスティバルは、LGBTQ コミュニティの素晴らしい精神と、サンフランシスコ内外で平等な権利を求めて戦ってきた (そして戦い続けている) 先駆者たちを称えるイベントです。

すべては1970年に30人がポーク通りを行進し、 ゴールデンゲートパークで「ゲイ・イン」が行われたことから始まった。プライドは当初、ゲイ・フリーダム・デーやクリストファー・ストリート・ウェスト(ゲイ解放の歴史上極めて重要な場所であるニューヨークのストーンウォール・インの所在地にちなんで)など、さまざまな名前で呼ばれていた。しかし、サンフランシスコのゲイ生活の中心がカストロ地区に移ったのとちょうど同じ頃、プライドは大流行し、その後は衰えることを知らなかった。

今日、6 月の最後の週末には、何百万人もの人々がカストロとシビック センターに集まり、連帯の声をあげ、街を赤、紫、そしてレインボー フラッグ (ちなみに、1978 年にサンフランシスコのアーティスト、ギルバート ベイカーが制作) のあらゆる色で染めます。レディー ガガなどのヘッドライナーによる音楽ステージ、ダンス パーティー、ドラッグ ショー、そしてもちろん、大規模なパレードは、この週末のハイライトのほんの一部です。LGBTQ コミュニティのあらゆる側面が表現され、 ダイク マーチトランス マーチなどの派生イベントもプライド ウィークエンド中に開催されます。

季節ごとのお祭り

SFスケッチフェスト(1月)

笑いすぎてしまうということはあるのでしょうか?サンフランシスコ スケッチフェストでその答えがわかります。サンフランシスコ ベイエリアとその周辺のコメディを 1 か月近くにわたって紹介するイベントです。サンフランシスコの影響力のあるコメディの歴史と活気に満ちた現代のコメディシーンから生まれたサンフランシスコ スケッチフェストは、米国有数のコメディ フェスティバルの 1 つになりました。過去のラインナップには、ビリー クリスタルのような伝説のコメディアン、エイミー セダリスやパットン オズワルドのようなアンダーグラウンドの人気者、サタデー ナイト ライブアレステッド ディベロップメントなどの番組のキャストなど、ユーモアの名士が名を連ねています。イベントには、スタンドアップ セット、即興ショー、トリビュート、パネル ディスカッション、特別上映などが含まれます。

聖パトリックデーパレードとフェスティバル(3月)

アイルランドの歴史と文化を祝う西海岸最大のアイルランド イベント、サンフランシスコ セント パトリックス デー パレード & フェスティバルは、毎年約 10 万人の参加者を集め、市内で最も人気の高いイベントの 1 つです。パレードを囲む色鮮やかなお祭りでは、ライブ パフォーマンスやエンターテイメント、アートや工芸品の展示、飲食物の売店、子供向けの乗り物やインフレータブル、アイルランド コミュニティを代表する非営利団体のブースなどを通じて、アイルランド文化が紹介されます。

サンフランシスコ国際映画祭(SFFILM)(4月)

サンフランシスコの絵のように美しい街並みは、ブリットからアルフレッド・ヒッチコックのめまいまで、数多くの映画の舞台となってきました。サンフランシスコには映画ファンを満足させる方法がたくさんありますが、サンフランシスコ国際映画祭 (SFFILM)への参加は一番のおすすめです。南北アメリカ大陸で最も歴史の長い映画祭である SFFILM では、世界初公開作品、アートハウス映画の発見、ドキュメンタリー、古典映画など、世界中から高く評価されている映画が上映されます。SFFILM は、映画ファン向けの数多くの映画祭の 1 つにすぎません。

北カリフォルニア桜祭り(4月)

サンフランシスコのジャパンタウン地区は、米国に残る 3 つのジャパンタウンの中で最も古い地区です。訪れるのに最も良い時期は、キャンディ ピンクの桜と地区の豊かな文化が満開になる 4 月です。2 週間にわたって開催される北カリフォルニア チェリー ブロッサム フェスティバルでは、パレード、日本の伝統音楽やダンスのパフォーマンス、バザーなどが開催されます。この地区に滞在中は、香り豊かな食品市場から象徴的なピース パゴダまで、ジャパンタウンの最高のアトラクションを探索しましょう。

奇妙なストリートフェア(5月)

How Weirdでは、風変わりな人々が団結し、風変わりな旗がはためきます。これは、世界平和技術機構が主催する芸術と創造性の祭典です。バーニングマンの都会版と評されていますが、この自由奔放なフェアは定義が困難です。野外アートアレーから複数の音楽ステージ、地元の食べ物屋台まで、すべてが毎年新しいテーマを中心に展開されます (過去のテーマには、「ディスコボールインフェルノ」や「平和: 最後のフロンティア」などがあります)。最高のコスチュームを着てください。奇抜であればあるほど良いです。

ユニオンストリートフェスティバル(6月)

パシフィック ハイツとマリーナの間には、かつては牛の飼育に使われていたが、今では多くの観光客や地元の人々の食事の場となっているカウ ホロー地区があります。ユニオン ストリートを散策するのに悪い時期はありません (食事やバー巡りには最高の場所です) が、6 月上旬がベストかもしれません。この地区が提供するすべての食べ物、音楽、家族向けのアクティビティを体験できます。

ヘイト・アシュベリー・ストリートフェア(6月)

サンフランシスコのヘイト アシュベリー地区では、サマー オブ ラブが終わることなく、その夏の精神は、このコミュニティ指向のストリート フェアで生き続けています。アート、衣類、工芸品、食品を販売する 200 の地元ベンダー、ライブ ミュージック、そして活動を推進する非営利団体を見て回りましょう。ヘイトのビクトリア朝建築やさまざまな独立系ショップをじっくり見て回ってください。その多くは、1967 年にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。

ノースビーチフェスティバル(6月)

ノース ビーチ フェスティバルは、アメリカで最初の野外フェスティバルの 1 つとされ、歴史あるノース ビーチ、歴史的にイタリア人が多く住む地区、有名なビート ジェネレーションの発祥地を祝うものです。フェスティバルの会場には、グラント アベニュー、グリーン ストリート、ヴァレーオ ストリート、コロンバス アベニューなど、地区中心部の数多くの趣のある通りが含まれます。

フィルモア・ジャズ・フェスティバル(7月)

「西のハーレム」と呼ばれるこの地区を訪れ、ジャズの歴史を物語る毎年恒例の祭典を楽しみましょう。 フィルモアの多くの音楽会場では、デューク・エリントンやビリー・ホリデイなど、当時の伝説のミュージシャンが演奏しました。現在でも、フィルモア ジャズ フェスティバルの期間中は、フィルモア通りのあちこちで演奏を聞くことができます。

アウトサイド・ランド(8月)

ヘイト・アシュベリーとゴールデン・ゲート・パークで生まれたサンフランシスコ・サウンドは、音響の風景を永遠に変えました。その伝統は、アメリカで最も多様性に富んだ音楽フェスティバルの 1 つであるアウトサイド・ランズで受け継がれています。ステージからステージへと飛び回りながら、ボン・イヴェールのメロウな演奏、LCD サウンドシステムのダンス パーティー、またはメタリカのハードロックなパフォーマンスを 1 日で楽しむことができます。コメディ ステージからジェームズ・ビアード賞受賞シェフによるグルメなテイスティング メニューまで、フェスティバル内のフェスティバル体験を数多くお見逃しなく。

フォルサムストリートフェア(9月)

フォルサム ストリート フェアは、レザーと BDSM 文化を祝う世界最大のイベントで、オープンマインドで参加することが必須です。歴史的にサンフランシスコの LGBTQ コミュニティの中心地であるフォルサム ストリートは、1960 年代から 70 年代にかけてゲイ バイカー バーが栄えた場所です。参加者は、最も光沢のあるレザーやラテックスのフェティッシュ ウェアを身にまとっているか、何も身につけていないかのどちらかです。このフェスティバルでは、服装は自由です。

艦隊週間(10月)

ブルーエンジェルスが頭上をブンブン飛び回っているのを見ると、フリートウィークであることがわかります。100 万人を超える人々が集まり、アメリカ海軍の飛行デモンストレーション部隊のパイロットたちがベイエリアの空で宙返りやロールなどのスタントを披露するのを見守ります。また、退役軍人や現役の米軍兵士を称える船のパレードや地域のイベントもあります。 サンフランシスコ周辺でブルーエンジェルスを観戦できるおすすめの場所をお読みください。

ハードリー・ストリクトリー・ブルーグラス(10月)

ゴールデン ゲート パークで開催されるこの無料フェスティバル (チケットは不要です!) は、2001 年以来、ブルーグラス界の敏腕ミュージシャンを惹きつけています。しかし、名前が示すように、ブルーグラスだけのフェスティバルではありません。コナー オバースト、ジリアン ウェルチ、エミルー ハリスらが出演することで知られ、広告のない非商業的な雰囲気で人気の HSB です。

カストロストリートフェア(10月)

故ハーヴェイ・ミルクが地元商店の差別的慣行に抗議するために始めたカストロ ストリート フェアは、サンフランシスコで最も重要な (そしてカラフルな) LGBTQ イベントの 1 つです。虹色の旗がはためき、何千人もの人々がカストロに集まり、ダンスをしたり、屋台の食べ物を堪能したり、地元の品物を買い込んだり、コミュニティのために団結したりします。パーティーに参加する前に、カストロ ストリート フェアについて知っておくべきことをすべてご紹介します。

イタリア遺産パレード(10月)

サンフランシスコで最も古い市民イベント、そして米国で最も古くから続くイタリア系アメリカ人のパレードとコミュニティ組織としてよく知られているこのお祭りは、サンフランシスコの年間フェスティバル カレンダーの象徴であり続けています。当初はイタリア ヘリテージ パレード、ラ ソシエタ イタリアーナ ムトゥア ベネフィチェンツァと呼ばれていましたが、このお祭りは、正式なグランド ボール、フェルディナンド王とイザベラ王妃 (後には王妃のみ) の姿、そして市全体での伝統と文化のお祝いを含むようになりました。サンフランシスコ ベイエリアの企業、コミュニティ グループ、イタリア系組織、そして地域の著名なイタリア系アメリカ人を祝う手作りの山車、地元の高校のイタリア クラブ、マーチング バンドなどが見られます。

リトクエイク(10月)

私たちサンフランシスコ人は、文学のルーツを誇りに思っています。マーク・トウェインからジャック・ケルアック、マヤ・アンジェロウまで、誰もがこの地からインスピレーションを得ており、シティ・ライツ・ブックストアは1950 年代と 60 年代のカウンターカルチャーの思想を広める一翼を担いました。Litquake、160 か所の会場で 10 日間にわたって詩、パネルディスカッション、作家の出演を行い、その文学の炎を燃やし続けます。

イルミネート SF 光の祭典 (11 月~ 1 月)

常に色彩と光の街、サンフランシスコは、イルミネート SF フェスティバル オブ ライトの期間中、キロワットの電力を増強します。この市全体のイベントでは、17 地区で 60 を超えるインスタレーションが展示され、公園、橋、建物が明るく輝く傑作に変わります。


Dan Rosenbaum Headshot
ダン・ローゼンバウム

ダンはサンフランシスコ トラベルのグローバル マーケティング担当副社長です。彼は 10 年以上サンフランシスコに住んでいます (つまり地元民です)。週末には、クラフト コーヒーを片手に、心地よい音楽のプレイリストを聴きながら、読みたい本のリストを増やしたり、街で一番人気の新しいレストランやバーに出かけたりしています。