日本庭園寺院

日本茶園について知っておくべきことすべて

ゴールデン ゲート パーク内にあるこの静かな隠れ家は、歴史、文化、そして美しさに満ちています。

サンフランシスコには楽しめる魅力的な観光スポットがたくさんありますが、静けさ、平穏、調和を求めるなら、サンフランシスコの日本庭園を訪れてください。

このオアシスは、サンフランシスコのゴールデン ゲート パークの中心にあります。ここは、市内で最も静かで手入れの行き届いた場所の 1 つです。複雑なデザインと緑は、騒々しい都会の生活から逃れて訪れるすべての人を落ち着かせます。この庭園は、日本国外で継続的に維持されている最古の日本庭園でもあり、1894 年以来、観光客を魅了しています。

私たちのガイドに従って、日本茶園の 5 エーカーの自然の美しさを最大限に満喫してください。

日本茶園の歴史

1894年、カリフォルニアで冬季国際博覧会が開催されました。当初はわずか1エーカーだったこの敷地に、日本式庭園が造られました。

フェア終了後、日本人造園家、萩原誠氏がこの敷地を常設庭園として維持管理する任務を負いました。これは萩原氏の生涯の情熱となりました。公式管理人として、彼は愛情を込めて木々や植物を植え、手入れし、この傑作を 5 エーカー近くまで拡大しました。この庭園の木々の中には、樹齢 100 年を超えるものもあります。

Japanese Tea Garden Entrance

都会の静かな隠れ家

日本庭園は、岩の彫刻、枯山水や禅庭園、日本建築、滝で構成されています。その開放的な空間は、生垣の狭い角と対照的です。全体に考え抜かれたデザインが施されており、日本のフィジー山を模した縁取りから、下にある水面に浮かんでいるかのような太鼓橋まで、文化的な影響が随所に見られます。

日本茶園の見どころ

入り口にある正門は、建築物として非常に魅力的です。釘を使わずに巧みに作られていることに注目してください。

庭園で見逃せない見事な建造物は、5 階建ての塔です。この塔も独自の歴史を持ち、もともとは 1915 年のパナマ太平洋国際博覧会のために建設されました。

散策庭園では、花や木々の間を縫うように歩き回ることができます。三日月の形をしているためハーフムーン ブリッジとも呼ばれる歴史あるドラム ブリッジで写真を撮りましょう。

物思いにふける気分のとき、重さ 9,000 ポンドのブロンズ製の平和の灯篭は心を落ち着かせてくれる存在です。これは第二次世界大戦の終戦時にアメリカと日本の友好を象徴する贈り物でした。

もう一つの至福のスポットは、歓迎の手のひらを添えた仏像です。この仏像は 200 年以上も前に作られたもので、1790 年に最初に鋳造され、1949 年にこの庭園に寄贈されました。

鯉のいる池や滝のそばで自撮りするチャンスもお見逃しなく。

ティータイムにぴったりの日本風スナック

庭園を散策した後は、ティーハウスを訪れてください。伝統的なお茶と軽食が毎日提供されます。

メニューは頻繁に更新されますが、ぜひ試していただきたい定番メニューには、ねっとりとした食感が面白く、さまざまな味(イチゴ、マンゴー、緑茶、ライチ)があるくぞもち(甘いお餅)や、小豆が入ったパンケーキの一種であるどら焼きなどがあります。寒い日には、温かい味噌汁を味わったり、伝統的なうどんで麺類への欲求を抑えたりしてください。

もちろん、本格的な日本茶を試飲せずにはおられません。煎茶、玄米茶、ほうじ茶、ジャスミン茶、アイスグリーンティーからお選びいただけます。また、特別な茶道の抹茶もあります。

ギフトショップでは、艶出し陶器セット、日本の伝統的な人形、旅慣れた人のための収集品など、美しい記念品をぜひチェックしてください。

訪問方法と時期

ジャパニーズ ティー ガーデンは、カリフォルニア科学アカデミー、デ ヤング美術館、サンフランシスコ植物園の近くにある 75 Hagiwara Tea Garden Drive にあります。Muni バスやライト レールを利用すれば、ゴールデン ゲート パークのさまざまな入口に近づくことができます。

日本茶園は休日も含めて一年中開園しています。夏季(3月1日~10月31日)の営業時間は午前9時~午後5時30分、冬季(11月1日~2月28日)の営業時間は午前9時~午後4時30分です。

庭園の入場料は、非居住者の大人 15 ドル、非居住者のシニアおよび若者 (12 ~ 17 歳) 7 ドル、非居住者の子供 (5 ~ 11 歳) 3 ドルです。4 歳未満の子供は無料で入場できます。チケットはsfjapaneseteagarden.orgで購入できます。

春と秋は訪れるのに素晴らしい季節ですが、サンフランシスコではどの季節でも盆栽林、禅庭、ティーハウスが人気です。

6 月、7 月、8 月の夏の間は、庭園を訪れる観光客が多くなり、それほど静かではないかもしれません。一年で訪れるのに最適な時期は春であると多くの人が同意しています。3 月中旬から 4 月にかけては、桜、ツツジ、モクレンなどが色鮮やかに咲き誇ります。しかし、燃えるような赤や薄れゆくオレンジ色が美しい秋もまた、美しい季節です。

Aaron Danzig
アーロン・ダンジグ

アーロンはサンフランシスコ トラベルのデジタル & ソーシャル メディア マーケティング マネージャーです。サンフランシスコに 9 年以上住んでおり、そのうち 7 年以上は旅行と観光業に従事してきました。普段はベイエリアを散策して、新しいユニークな体験やおいしい食べ物を探しています。

夕暮れ時のゴールデン ゲート ブリッジと色とりどりの空、前景にサンフランシスコ湾。
SF とのつながりを保つ

ニュースレターに登録する

今後開催されるイベントやフェスティバル、新しいレストラン、特別セール、その他シティ・バイ・ザ・ベイで開催されるあらゆる情報をいち早く入手してください。